広島県三次市のおいしい自家焙煎コーヒーのお店・珈琲屋スプレモ

 history_img1_bar1

スプレモの歩み

人生を変えたアムステルダムのカフェでの体験。


19歳から8年間、外国航路の無線通信という、珈琲屋とは無縁の仕事に就いていました。
そんな中、巨大船舶に乗って世界中の国を廻り、在職中の長期休暇にも国内外を問わずまだ見知らぬ土地へ旅に出かける・・・そんなグローバルで行動的に過ごした20代前半、オランダのアムステルダムのホテルのカフェで生涯忘れることのない体験をしました。
それは宿泊したホテルのカフェに入った時の事。店内に満ち広がる甘く香ばしいコーヒーの香りに衝撃的な感動を受けました。コーヒーもフレッシュ感があった。
当時日本はコーヒー専門店出店ブーム、だがアムステルダムの“あの香り”はなぜか無かった。
しかも何杯も飲むと胃がむかついた。
どこに行ってもコーヒーの飲み歩きは欠かさなかった私が嗅いだことのない豊かな香りに出会った瞬間でした。
そして26歳。アムステルダムのあの香りを自分の手で再現すべく、独立の道を歩み始めました。船を下りた2か月後には修行のため自家焙煎店の扉を叩いたのです。あらためてコーヒーの奥深さを知り、益々のめりこむ日々でした。

後で勉強してわかった事だが高品質のコーヒーはヨーロッパへ、コーヒーでは後進国の日本には低級品が輸入されていた。流通システムも悪く店にある煎り豆の鮮度もよくなかった。
高品質なコーヒーとは寒暖の差の大きい標高の高い産地の豆で、その年に収穫したニュークロップ(お米でいう新米のようなもの)を使い、焙煎技術も高く煎りたての新鮮なものだった。 日本には低地産の豆や虫喰い豆や未熟豆の混入の多い安い低級品が回されていた。
また、倉庫で在庫した古米のような香りの抜けた豆が多かったので煎りたてでも香りが少なかった。

いよいよ開店へ


1生豆の品質、豆の丁寧な選別、煎り豆の鮮度の3つをキーワードに・・・
小型の焙煎機による自家焙煎。
当時では珍しい生豆の共同購入と小分けシステムのグループに入ることができ高品質の生豆も確保することができた。
また、焙煎技術や抽出技術も業界の第一人者から習うことができた。

そして34歳、念願の自家焙煎の店「珈琲屋スプレモ」を地元、三次に開店

コーヒーとスィーツのマリアージュをテーマに


2012年お店のリニューアルと同時に成果工房も完成。

マリアージュとは結婚という意味があります。コーヒーとスイーツが共に相互作用してお互いを高め合う。
スプレモではコーヒーに合う洋菓子をテーマに珈琲と同様、おいしくて安全・安心の素材で珈琲店からカフェへ。
ゆったりとした珈琲空間で味わい深い時間をお過ごし下さい。

コーヒー への想い
生産者と共に作る豊かなコーヒーを


コーヒー栽培は元々植民地作物で奴隷によって作られてきた歴史的背景があるため、今でも封建的な制度が少なからず残っているようです。
2001年末、先物取引であるコーヒー豆の国際価格が暴落し生産者は採算が合わなくなり農園放棄などコーヒー危機と言われた時代を経験しました。
豆の仕入れが安くなり喜んでばかりではいられませんでした。次第に虫喰い豆等が増え始め豆の品質が落ち始めたのです。
生豆の共同購入グループから独立し、フェアトレードコーヒーがメニュー加わったのもこの時期です。
今でも発展途上国といわれるコーヒー栽培国の小規模生産者の多くは不安定で貧しい生活を送っています。
消費者と生産者が対等な取引やパートナーシップを築くことで共に豊かな生活ができ、環境にも配慮した持続的な農業で私達も美味しいコーヒーが飲めることを願っています。

最近はコーヒー業界も品種や栽培方法・精選加工・流通・格付けや味覚の表現など、どんどん変化しています。 農園でも新しい品種や精選方法などの工夫、ワインのように畑の栽培環境で味の違いを楽しむことができます。

地域に密着した珈琲屋さん


家庭でも美味しく気軽に楽しんでほしい。
せっかく自家焙煎でこまめに焙煎しても買った豆を家で何か月も保管されてはやりがいがない。淹れ方もいい加減。
コーヒー生豆の中の欠点豆の存在さえも知っている人はほとんどいない。 知らされていない。
このままではいつまでも消費者は美味しいコーヒーは飲めない。
「欠点豆の選別や鮮度についてちゃんとやっている店でないと教えられない」と気が付いたのが珈琲教室を始めたきっかけです。
最初は東京からコーヒーの師匠を招いて開催、正しいコーヒーの知識を地域に広めはじめました。
実は、「欠点豆」の存在を業界で初めて公開したのが師匠ですが当時の業界は反発・生豆を卸さないなど弾圧があったそうです。
コーヒーは身近でありながら知らないことも多い世界。
今では、私たちスタッフがお店だけでなく市や各地の公民館などで出張珈琲教室も開催しています。
また、イベント出店などコーヒーを通して地域の活性化などにも繋がればと思っています。

珈琲への想い
生産者と共に作る豊かなコーヒーを


コーヒー栽培は元々植民地作物で奴隷によって作られてきた歴史的背景があるため、今でも封建的な制度が少なからず残っているようです。
2001年末、先物取引であるコーヒー豆の国際価格が暴落し生産者は採算が合わなくなり農園放棄などコーヒー危機と言われた時代を経験しました。
豆の仕入れが安くなり喜んでばかりではいられませんでした。次第に虫喰い豆等が増え始め豆の品質が落ち始めたのです。
生豆の共同購入グループから独立し、フェアトレードコーヒーがメニュー加わったのもこの時期です。
今でも発展途上国といわれるコーヒー栽培国の小規模生産者の多くは不安定で貧しい生活を送っています。
消費者と生産者が対等な取引やパートナーシップを築くことで共に豊かな生活ができ、環境にも配慮した持続的な農業で私達も美味しいコーヒーが飲めることを願っています。

最近はコーヒー業界も品種や栽培方法・精選加工・流通・格付けや味覚の表現など、どんどん変化しています。 農園でも新しい品種や精選方法などの工夫、ワインのように畑の栽培環境で味の違いを楽しむことができます。

pagetop